10S02 花蓮赤柯山高山茶民國110年春茶20g

青い香りから蘭花の香りに変化し清涼感が素晴らしい

花蓮縣赤柯山は金針花産地として有名で、茶樹と混植することで独特な香りを生み出します

太平洋からの潮風を受け、山頂付近で栽培されたお茶はほかの産地では味わえない香りがあります


生産加工は台湾でトップ茶師と言われる「高肇昫」

今では「蜜香紅茶」の開発命名者として有名ですが、かっては高山茶の名人として全国に名前をとどろかせていました

この産地の青心烏龍種は花の香りが素晴らしいお茶です

在庫状況 6
販売価格
2,000円(内税)
購入数

出荷予定カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
臨時休業日(赤文字)は出荷作業はいたしません。この間のご注文は営業日に順次作業いたします。